古代の琉球弧と東アジア 山里純一 吉川弘文館


沖縄以外の日本人は、沖縄の歴史を学校で学びません。古代、中国の正史の中でも、隋書では「倭人伝」と「流求伝」は別にして記載されていました。沖縄が日本の九州、本州、四国とは全く別の歴史を育んできたのですが、その根本を知らずに、現代起こっている沖縄の基地や辺野古の問題も語ることはできないのではないかと思います。もちろん、古代史までも知る必要があるかは別ですが、沖縄の古代史が、九州、本州、四国と全く違った歴史を持っていることを知るのも興味深いことだと思います。日本書紀に登場するのは、屋久島や種子島、奄美大島までです。その先の琉球諸島は全く登場してきません。隋書「流求伝」に書かれた、その風習や食生活には愕然とさせられるものがあります。本当のことなのか?と疑いたくなりますが、嘘であるとするなら、隋書倭国伝も中国の正史自体の記述を否定してしまうことになってしまいます。まずは、読んでいただきたい。そして知っていただきたい。その上で、いろいろと考えていただきたいと思います。私は、日本人の祖先がやはり南洋の島々からやってきたのだという確信をこの書を通して得ることができました。感想は人それぞれだと思いますが、まずは是非知ってもらいたいと思います。(売店で販売中、送料無料です。書籍をクリックしていただくと売店に飛びます。)

Pasted Graphic 4

読みやすさ  ★★★★
着想の奇抜さ ★★★★
論理の力強さ ★★★★

日本文明の主張 西尾幹二・中西輝政 PHP

おすすめ図書館で紹介する本は、基本的に歴史書と呼ばれる本ですが、この本は歴史書ではなく思想書に当たるのではないかと思います。この本を手に取ったのは、『「国民の歴史」の衝撃』という副題故だったのですが、「国民の歴史」自体は、この本の著者でもある西尾幹二氏の本の題名を指しています。
歴史を勉強とするというのは、何のためなのかというと、それは現在を形成している理由や原因、そしてその過程を理解するためであることと、過去に犯した過ちがあるのあであればそれを反省材料とし、成功事例があるのであればその応用を成すためであると理解しています。そういう意味では、過去の歴史をどのように捉え、どのように評価していくかは非常に大切になります。共通の認識で捉えられれば良いですが、様々な見方ができますから、考えようによっては悪は善に変わり、正は誤に変わってしまうこともあります。
私たちに必要なのは、いろいろな見方があることを理解し、様々な方向から眺めて評価し、理解していくということしか無いようように思います。
文中では、アメリカと中国が同じような国であるという見方が、なかなか面白かったです。(売店で販売中、送料無料です。書籍をクリックしていただくと売店に飛びます。)
Pasted Graphic 4

読みやすさ  ★★★★
着想の奇抜さ ★★★★
論理の力強さ ★★★

卑弥呼の食卓 大阪府立弥生文化博物館 吉川弘文館


食文化というものは、人間活動の根源から生まれる文化だけに、その内容を調べるととてつもなく大きな動きも見えてくるということがよくわかった一冊でした。弥生人が何を食していたかというのは、正直それ程深く考えることはなかったのですが、そこをつきとめなければ何も見えてこないということなのかもしれません。稲作が始まったのは弥生時代だと勉強しましたが、確かに一般庶民が米を食べられたのかというようなことは真剣に考えたことはありませんでした。
また、食べ物を研究するのに、炭化した米や、木の実、残された骨などだけではなく、人間の糞を調べるということの奥深さがよくわかりました。藤原京では既に、男子トイレと女子トイレが分かれていたというのも、意外な発見でした。それ以上に、多くの寄生虫とともに、暮らしていた弥生人や飛鳥時代の人々の食生活を考えるにあたり、人間が食べ物を求めて生活をしていたと考えるなら、住居跡のある地域が意味しているものも大きく違って見えてきました。
いろいろと勉強になった本でした。
唯一残念だったのは、本の題名でした。卑弥呼は関係ありませんよね。素直に名前をつければ、もっと評価されていたのではないでしょうか。(売店で販売中、送料無料です。)
Pasted Graphic 4

読みやすさ  ★★★★
着想の奇抜さ ★★★★★
論理の力強さ ★★★★

東日本と西日本 大野晋ほか 洋泉社

今の私達にとっては、日本と言う国があまりにも東京中心に出来上がっているので、全ての情報や文化は東京を中心に放射線状に広がっていく物だと言うイメージがあります。そのためなのでしょうか。古代史を調べらていると、当初、東日本と西日本の違いに大きな戸惑いを覚えてしまいました。中国や、朝鮮半島の渡来人がもたらした文化が、北九州から東へ、東へと広がっていったのだという理解はできても、その拡大がなぜ、名古屋で止まってしまうのかが理解できませんでした。私の中では、その理由は、狩猟民族の縄文人と、稲作文化をもたらした渡来系の弥生人の違いに起因していると整理することにしているのです。そうでなければ、説明がつかないことが多すぎます。
そして、この本を読んでその思いは、より一層強くなりました。この本は、縄文人と弥生人の違いが、東日本と西日本の違いを作ったのだと言うことは一切言っていません。いろいろな視点にたって、東日本と西日本はこんなにちがうのだということを説明している本です。まず、私の好きな大野晋先生の「言葉」の違いの説明があります。私の中では、南方から渡って来た人々の発音と、中国・朝鮮半島から渡って来た人々の発音との違いが息づいているという考えなのですが、非常に面白い言葉の変化の違いの指摘されています。そして、身体の違いに移ります。皆さんはきっと、自分が東日本人か、西日本人かを認識されるのではないかと思います。それ以降は、時代とともに考察がはじまります。遺跡、源平、中世と続いていきます。明治まで到達したあと、宗教、民謡、文学で終わります。時代的には、東西の違いを作った要因として、鎌倉幕府が非常に大きかったのだなーということや、江戸文化がそれまでの日本文化と異次元のものとして作られて被さり、新しい東日本と西日本の違いを作り上げたんだなーということが分かります。少し読みづらい文章もありますが、なかなか、良い本だと思いました。(売店で販売中、送料無料です。書籍をクリックしていただくと売店に飛びます。)
Pasted Graphic 4

読みやすさ  ★★★
着想の奇抜さ ★★★★
論理の力強さ ★★★★

地図でたどる日本史 佐藤和彦 東京堂出版

歴史においては、どのような出来事であっても、地理的な制約や地理的な必然性がつきまといます。特に、古代にいけばいく程、地理的な要素というのは比重が高まるように思います。ほとんどの歴史書が、時間の流れで、つまり時間的な積み上げで物事を考え整理していますが、地理的な要素をもとに整理する本が会っても良いのではないかと考えていました。私が手にしたのは偶然でしたが、結構楽しめました。それぞれのテーマ別に、数頁で整理しています。教科書的な匂いのする本ですが、扱っているテーマは教科書からはかなり離れた内容です。私が個人的に、面白かった(初めて気づかされた)内容は、「アイヌと北方領土」「江戸の町づくり」「廃物希釈の嵐と抵抗」等です。どのテーマも味わい深かったですが、ページ数の関係で、割と表面的な解説に終わってしまっています。関心のあるテーマを見つけたら、つっこんで調べてみるというきっかけにするには良い本だと思います。売店で販売中、送料無料です。書籍をクリックしていただくと売店に飛びます。)
Pasted Graphic 4

読みやすさ  ★★★★
着想の奇抜さ ★★★★
論理の力強さ ★★★

日本史の誕生 岡田英弘 弓立社


岡田先生は、東洋史の先生です。そのせいでしょうか。目は中国から物を見ると言う目をもたれているように思います。それが悪いと言うわけではないのですが、日本に残されている文献や木簡等の記述も少しは考慮してもらえればと思わざるをえません。岡田氏に言わせると、日本書紀なんてものは天智・天武・持統がはじめて日本国というものを作った時に、その時代の内容に合わせて書いた歴史書であってそれ以外の何物でもないと言われます。ましてや、古事記なんてものは、偽書であり日本書紀を見て書かれた物だとのことです。そうなると、何を信じて歴史を見るのかと言うと、中国における正史以外にないというのが岡田先生の考え方です。そこで、日本書紀など、全く無視して考えられる世界とは、日本は卑弥呼の時代があり、邪馬台国は瀬戸内海にあって、その後、大阪にいた酋長らしき人物が、中国と国交を始めた。これが仁徳天皇だと言われます。ただ、あくまで部族の長以外のなにものでもないということになります。応神天皇は気比神宮で名前を交換された通り、作られた人物なのだそうです。仁徳の後倭の五王が登場し、その後、播磨王朝ができて、すぐに越前王朝に乗っ取られます。そうやって、徐々に日本は作られていくのだそうです。ご存知のとおり、裴世清が会ったのは男性の王です。だから、推古天皇なんていなかった。と痛快なばかりの一刀両断です。ただ、面白いな、なるほどね、と思わせてくれる箇所も多々あることも事実です。中国人が混ざってできた日本人の起源には、私も同意する箇所はあるのです。また、日本語の起源も面白かった。こねくり回すのではなく、平易に書かれていますので、突っ込みながら読める本です。弓立社という変わった会社から出版されていましたが、同じ内容でちくま書房から出ていますので、そちら購入してください。(売店で販売中、送料無料です。書籍をクリックしていただくと売店に飛びます。)
Pasted Graphic 4

読みやすさ  ★★★★★
着想の奇抜さ ★★★★
論理の力強さ ★★★

神々の謎 小椋一葉 河出書房新社

タイトルの響きがよく興味を魅かれます。「万葉の歌とともに」という副題までついているので、万葉集を読み解きながら日本の古代の神々を見ようというのかと期待しました。紹介されているのは、気比神社、住吉大社、八幡大神、天満天神、春日大社、賀茂神社、日吉大社、松尾大社です。気比、住吉、八幡迄は良いとしても、天満天神以降は全て由緒がはっきりわかっている神社がならびます。それでも、何かあるだろうと読み進めますと、「ニギハヤヒ」の神が登場します。ニギハヤヒは、神武天皇が東征を行う時の戦いの相手であるナガスネヒコが奉じる神様です。日本書紀では、天孫降臨をしニニギに先立って、河内国に降り立ったと書かれています。つまり、天孫族でありながら、北九州にやってきたニニギ一族とは別の渡来人で大和にすみついていた種族ということになるのでしょうか。さて、何が書かれているのかというと、気比神社も、住吉大社も、八幡大神も、天満天神も、春日大社も、賀茂神社も、日吉大社も、松尾大社も、元を正せば全てニギハヤヒだという説です。八幡大神ぐらいから、「えっ?また?」となるのですが、頑張りました。最後迄読んでいて多分大きな誤解があるのではないかと思いました。もともと、山に神が宿るという発想から日本の神は始まりました。理由は明白で、天に近いためです。その代表格は、高御産巣日神(たかみむすび)の神です。従って、大きな神社が置かれている場所には、当然、山が存在します。それをもって、ここも同じだから「ニギハヤヒ」というのはどんなものでしょうか。気比神社、住吉大社、八幡大神だけは、もっともっとつっこんでほしかった。なぜ、住吉大社が生まれたのか、八幡大神が生まれたのかを探ることは真の意味の日本の姿を解明することにつながるはずなのです。あと、副題の万葉集はどこにいってしまったのでしょうか。それなりに、縁起などを分析されているだけに、この本の失敗は、筆者の責任ではなく編集者の責任だと思います。筆者が言いたかったことを理解した上で、編集し直せば読み応えのある本に変わると思います。(もしよろしければ、売店で中古品から御求めください。書籍をクリックしていただくと売店に飛びます。)
Pasted Graphic 4

読みやすさ  ★★★
着想の奇抜さ ★★★
論理の力強さ ★★

「かたち」の謎解き物語

この作者の方は、建築工学の先生です。「なぜ夢殿は八角形か」という本を書かれていたのですが、八という数字の謎だけでなく「形」全般、数字全般にわたり書かれたのがこの本です。最初から最後まで基本となり、この本を貫いているが、古代中国神話に登場する中華民族人文の始祖として崇拝される伏羲(ふっき)と人類を創造したとされる女神の女媧(じょか)です。伏羲(ふっき)は、手にコンパスをもっており、女媧(じょか)は手に定規をもっています。つまり、伏羲(ふっき)と女媧(じょか)は、このコンパスと定規で万物を造り出したとされているのです。そして、その象徴が○であり□の形であると言われます。この2つにより全ての形が表されるのですが、本の中では三番目の神として神農は数字の3の神、そこから△という形が説明されます。陰陽道が多用されますが、それは日本人の生活に密着しているからかもしれません。他、道教をはじめ世界中の思想が語られます。そこで、私はカテゴリーとして思想史の中に入れてみました。ある意味面白いのですが、非常に物足りないというのも事実です。確かに、形や数字はいろいろな意味を持ち、つながりがあるのですが、根本的になぜ、その数字なのか、なぜその形なのかが書かれていません。例えば8。我が国の最初の和歌は、「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに八重垣作るその八重垣を」。伏羲(ふっき)は陰と陽の3つずつの組み合せ8種類からなる八卦を考案し、東西南北その中間の八方向に広がる八紘一宇(はっこういちう)の宇宙の運命を予言した。確かに日本人は八島大国といったり、八百万の神と言ったり「8」を重んじるようになりましたが、それは「八卦」が元になった物なのでしょうか?そんなに大切なら、どうして8進法を使わなかったのでしょうか。8の持つ意味はなんだったのか、どうして8を重んじたのか、他の数字は8との違いをどういうふうに理解されていたのかなどの、本質的な情報がありません。この本から、話のネタは提供できても直に忘れてしまいそうです。(売店で販売中、送料無料です。書籍をクリックしていただくと売店に飛びます。)
Pasted Graphic 4

読みやすさ  ★★★★
着想の奇抜さ ★★★★
論理の力強さ ★★

ifの日本史 加来耕三 ポプラ社

歴史は過去の事実であるわけですから、「もしも」というものは存在しませんが、もしもと想像を拡げていくのは本当に楽しい物です。もしも、本能寺の変で織田信長が生き延びていれば、もし、関ヶ原で西軍が勝利していたら、など、知りうる人々の行動を考えるだけでも時間はどんどん過ぎていきます。私は古代史が好きですから、「磐井の乱が成功していたら」「壬申の乱が逆転していれば」「物部氏が蘇我氏を滅ぼしていれば」など、楽しく読まさせていただきました。ネタバレになってしまいますので、個別の「もしも」にコメントを入れませんが、残念だなーと感じたのは、作者の方にとってはその時々の、時代の趨勢を離れることはできずに予測をされていることです。時代の流れが変わらなければ、起こらない出来事が起こっても時間がずれるだけで100年、200年の単位では同じような時代が来ることに成ってしまいます。タイムマシンができて、ある時点の結論がひっくり返ったとしてもタイムマシンで到達した時間帯だけに変化が起こり、全体としての時代や考え方の流れに変動がおきないと考えられるのと同じ捉え方です。せっかく、「もしも」としてないことを想像するのですから、時代の枠を越えた世界を見せて欲しかったです。例えば、「磐井の乱」が成功していたら、現代においても、九州だけは別の国になっていた可能性は結構高いと思うのです。「筑紫国」と「日本国」が存在していたかもしれませんし、「筑紫国」はその地理的要因から、シンガポールのような発展の仕方をしていたかもわかりません。アメリカが重視したのは九州・沖縄でしたから、本州日本は共産国になっていたかもしれません。せっかくですから、そのくらいの飛躍があっても良かったかもしれないと思うのです。(売店で販売中、送料無料です。書籍をクリックしていただくと売店に飛びます。)
Pasted Graphic 4

読みやすさ  ★★★★
着想の奇抜さ ★★★★
論理の力強さ ★★

人物埴輪を語る 金井塚良一 さきたま出版会

遺跡や古墳からの出土品では、武具、鏡、刀剣、管玉などがどうしても注目を浴びますが、最も多く出土しているのは土器であり、そして、埴輪です。日本書紀の中では、垂仁天皇の条に野見宿禰の提言により殉死の制度がなくなり、埴輪が古墳に並べられるようになったこと、そして、土師臣の姓を与えられたことが記載されていました。しかし、こと人物埴輪に限ると、あれほど注目されているにもかかわらず、近畿地方ではほとんど存在しないことがわかっています。ほとんどが、東国と言われた関東圏の古墳で多用され、いろいろな表情の埴輪が取り上げられるようになりました。その限定的な発展のせいなのかどうかはわかりませんが、埴輪に関する専門研究者は非常に少なく、書物もあまり見かけません。私も博物館で飾られている埴輪の表情に魅かれて興味をもった一人です。当社のロゴには埴輪を拾い上げる「こだのぶ」が描かれていますが、古代人が何を言おうとしていたのかは実に興味のある素材です。それだけに、この本に期待をしたのですが、はっきり言って前半部分で得たものは何も有りませんでした。前半は、川島とかいう人との対談ですが、川島なる人物が持論を持たないせいなのか内容がかえってピンぼけしてしまっています。前半部分は不要だったのではないでしょうか。そもそも、全編を通して、なぜにそこまで水野正好氏に気がねする必要があるのか。このことが全く理解できません。いろんな説があって至極当然ですから、「違う」ものは「違う」と言い切って言いと思います。ただ、後半の「人物埴輪の伝播と上毛野氏」は素直に面白かった。賛成しきれないところも多々有りますが、読み物としてもなかなかです。それだけに前半があまりに残念でした。(売店で販売中、送料無料です。書籍をクリックしていただくと売店に飛びます。)
Pasted Graphic 4

読みやすさ  ★★★★
着想の奇抜さ ★★★
論理の力強さ ★★★